映画「ワールド・オブ・ライズ」

映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。

この映画は、CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。
ワシントン・ポスト紙のコラムニストのデヴィッド・イグネイシャス氏の原作を映画化。
テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが演じ、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが演じる。
敵も味方も入り乱れた情報合戦が主体のストーリー。

ストーリーは、ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。
そのためには狡猾なCIAのベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。
味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており、ロジャーも四苦八苦する毎日を送るが・・・。

ワシントン・ポスト紙のコラムニストの著作に基づくフィクションとして本編に入る前に字幕で紹介されていたのですが、現実でも、こういったケースは起こり得るのではないかと感じましたね。

上空からの無人監視機を利用して動向を探るCIA側に対して、テロリストは口頭で用件を伝えてCIAに情報を漏らさないようにする。
ストーリーのテンポも早く、瞬きも出来ない程。
最初から最後まで緊張感の連続でハラハラドキドキしまくりでした。

映画全体の感想としては、人が何人も殺されたり、騙されたりなど残虐なシーンがあまりにも多く、個人的には印象のいい映画ではありませんでした。
ブッシュが大統領にならなければ、このような映画も出来なかったのではないかとも思ったりもしました。
実際の中東もあんな感じなのでしょうか?

この映画のサブタイトルは「どっちの嘘が世界を救うのか」となっていましたが、映画を観ている限りだと、結局は世界は救われていないのではないかと疑心暗鬼になりました。
もっとも、戦略上の嘘なので、敵だけではなく、味方同士でも騙しあいが行われると言った複雑な駆け引きがありましたね。
いずれにしても、嘘が世界を救えるわけありません!

主演のロジャー・フェリスを演じたレオナルド・ディカプリオも随分と老けましたね。
これも時代かな(汗)


オリジナル・サウンドトラック『ワールド・オブ・ライズ』
Geneon =music=
2008-12-03
マーク・ストレイテンフェルド
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

2008年12月29日 13:35
こんにちは。
「どっちの嘘が世界を救うのか?」というコピーは最初から頂けないと思っていました。エンタメ性では一役買っていましたが、「嘘」がどうの・・という映画でもなかったですね。
でも、骨太作品で見ごたえありました!
2008年12月30日 09:42
>たいむさん
こんにちは。
嘘が世界を救えるなんておかしは話です。
確かに嘘にそれ程の効果があるような事は劇中では感じられませんでしたね(笑)
自分としては苦手な部類の映画でした。

この記事へのトラックバック

  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2008-12-28 22:17
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム.. Weblog: to Heart racked: 2008-12-28 22:23
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2008-12-28 22:34
  • 『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: (原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったん.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-12-28 22:51
  • ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies

    Excerpt: 直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCと.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2008-12-28 22:54
  • ワールド・オブ・ライズ(2008年)

    Excerpt: もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実に.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2008-12-28 22:57
  • 『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ

    Excerpt: 原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ.. Weblog: NiceOne!! racked: 2008-12-28 23:02
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-12-28 23:13
  • [映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た]

    Excerpt: ☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-12-28 23:15
  • 「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由

    Excerpt: 最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-12-28 23:38
  • 映画 【ワールド・オブ・ライズ】

    Excerpt: 映画館にて「ワールド・オブ・ライズ」 ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作をリドリー・スコット監督が映像化。 おはなし:ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-12-29 00:06
  • 「ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES)」映画感想

    Excerpt: レオナルド・ディカプリ オとラッセル・クロウが共演と言う事で話題になっていますが、もし違う俳優でも、CIA絡みの話しだし Weblog: Wilderlandwandar racked: 2008-12-29 00:49
  • 「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2008-12-29 00:50
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 実際に起きているテロの恐怖と、それに立ち向かうCIA工作員を描くリドリー・スコット最新作の『ワールド・オブ・ライズ』を観てきました。 ★★★★ 本来なら★4つ以上なのかも知れませんが…。 始まる前.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2008-12-29 00:53
  • 「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 来た来た来たーーーーっっ!!リドリー・スコットきたーーーーっっ!! シビレましたぜ久しぶりに\(◎o◎)/!!! 昔風に言うなら、手に汗握るってやつですよ!! いやーーこれだから映画はやめられな.. Weblog: まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!! racked: 2008-12-29 00:59
  • 劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員た.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-12-29 05:09
  • ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て!

    Excerpt: 【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2008-12-29 07:04
  • 兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-12-29 07:58
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-12-29 12:19
  • 「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました~現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリ.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2008-12-29 12:53
  • 「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」試写会 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 すみません。 ちっともわかりませんでした。 リドリー・スコットらしいといえばそれまでだし、よくあるよね、こんな映画といってもそれ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2008-12-29 22:30
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: CIA本部のエリート局員ホフマンと、彼の部下で危険な現場に潜入する工作員フェリス。 彼らの目的は爆破テロのリーダー、アル・サリームを捕まえること。 ヨルダン情報局のハニに協力を仰いだフェリスだったが、.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-12-29 22:54
  • 「ワールド・オブ・ライズ」ディカプリオの渾身の演技も、伝える...

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分 ー硬派な映画ながら見応えアリ  過剰な演技ほどは伝わるものは少な.. Weblog: soramove racked: 2008-12-29 23:31
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとは.. Weblog: ももママの心のblog racked: 2008-12-30 10:51
  • 『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ~!

    Excerpt: 『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLI.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-12-31 20:44
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O Weblog: Diarydiary! racked: 2008-12-31 20:56
  • ワールド・オブ・ライズ 2009-01

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました~♪ テロリスト組織のボスを追うCIA局員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるホフマン(ラッセル・クロウ)からイラクからヨルダンに行き、ヨルダ.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2009-01-01 14:56
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: ワールド・オブ・ライズ’08:米 ◆原題:BODY OF LIES◆監督: リドリー・スコット「アメリカン・ギャングスター」「グラディエーター」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マ.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2009-01-02 00:10
  • ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES

    Excerpt: 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MO.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2009-01-03 21:09
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 新年最初のレビューだが、2008年末の未鑑賞作品である。リドリー作品であり、また、久々のディカプリオであり、この作品すら観られなかったのだから昨年末の忙しさは例年以上であったのだと我ながら驚く。しか.. Weblog: 利用価値のない日々の雑学 racked: 2009-01-04 11:30
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリ.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-01-04 14:28
  • 『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい印象.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-01-07 13:00
  • 『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies)

    Excerpt: イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示に.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2009-01-08 00:22
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ Weblog: 週末映画! racked: 2009-01-12 23:39
  • ワールド・オブ・ライズ を観ました。

    Excerpt: 第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。 Weblog: My Favorite Things racked: 2009-01-18 22:36
  • 『ワールド・オブ・ライズ』 BODY OF LIES

    Excerpt: イギリス帰りの飛行機にて鑑賞。 なんとも骨太なスパイ映画。 007のようなスマートさは、CIAにはないのか!(爆) CIA局員であるホフマンとフェリス、目的は同じであるはずなのに、 嘘の重ねあい.. Weblog: *モナミ* racked: 2009-02-18 14:56
  • 映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売!

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ました.. Weblog: MOVIE レビュー racked: 2009-05-03 02:28
  • 『ワールド・オブ・ライズ』'08・米

    Excerpt: あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-06-07 08:32