映画「武士の家計簿」

映画「武士の家計簿」を鑑賞。

この映画は、磯田道史原作のベストセラーを、森田芳光監督が映画化した異色時代劇。
代々加賀藩の財政に携わり「そろばんバカ」と呼ばれた下級武士が、妻の支えを得ながら一家、そして藩の財政を切り盛りしていく姿を描いた作品。
先行き不透明な現代にも通じる、幕末維新の激動の時代をたくましく生き抜いた主人公一家の姿勢に注目。

ストーリーは、会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。
江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には身分が高くなるにつれ出費も増えるという構造的な問題があった。
直之は、家財道具を処分し借金の返済にあてることを決断し、猪山家の人々は一丸となって倹約生活を実行していく事を決意する。

武士の命は刀などと、よく言われるが、今回の映画の主人公でもある猪山直之にとっては、そろばんが命の武士。
几帳面で曲がった事を嫌う性格。
ある意味では日本人気質らしい人物と言えます。

自分にとって、そろばんって言っても小学校時代の算数で習った程度。
そろばんを習っていた人は計算を解くのが早いと言われますが、実際に自分の小さい頃に同級生でそろばんを習っている子が何人かいたが、確かに計算問題を解くのが速かったのを憶えている。

ただ、現代社会ではパソコンが普及し、パソコン内の表計算ソフトで会計するのが主流となっている、
そんな今の時代でも、果たしてそろばんは役に立つのだろうか?

さて、話は横道に逸れたが、直之が就いている仕事は算用者。
今でいう所の会計監査みたいな仕事で、時代劇版「黄金の豚」(笑)

その仕事に直之は生き甲斐を感じ、そして駒(仲間由紀恵)と出会い、子も授かる。
一方で、猪山家の財政は厳しく、今のままでは生活もままならなくなってしまう。
そこで、直之は借金返済の為に、家財の売れるものは、どんどん売って倹約する事を家族中に徹底させる。
現代社会でも不況が長引き、倹約とか節約とか言われているが、一度、贅沢な生活が身についてしまうと、なかなか踏み切れないものだと思う。
それに踏み切れた直之ならびに猪山家の人達は大したものだと思います。

この作品において学んだ事もありました。
劇中内で、直之が帳簿の記載に誤りがある事を、上の人に報告した時に、「帳簿と言うのは入る時と出るときが合っていればいい。」と語っていましたが、それが俗に言う「帳尻合わせ」。
また、「借金」がどのようにして生じてくるのかも直之が息子・成之に教えていたが、非常にわかりやすく自分にとっても勉強になりましたよ。

時代は幕末から明治にかけての設定だったが、その時代の移り変わりも見事に描写されていましたね。
まだ武士だった頃は反発する事の多かった直之と成之が、時代が明治に代わり、そして成之が久しぶりに家路について、年老いた直之を背負って犀川を歩いて昔の事を語り合うシーンには胸打つものがありました。

生活していく上では家計簿は必要だと思うが、我が家では、最近、家計簿をつけていない。
もっとも、通帳が家計簿みたいなものだから(汗)



この記事へのコメント

2010年12月12日 23:18
実在の家計簿からその背景にある暮らしぶりや、その変遷を読み解いた原作者にまず脱帽、
それを家族のドラマに練り上げた脚本家にも脱帽。
淡々と進む展開をユーモアを交えて、飽きさせずに見せつけた演出とキャストの力量に感心し、
細かな小道具類や時代設定にも手を抜かず、しっかり作り上げた美術にも感心しました。

この丁寧さが「ヤマト」にもあればなあ。
2010年12月12日 23:39
>KGRさん
原作は未読ですが、この映画の脚本は確りと構成されていましたね。
現代社会にも通じるテーマを扱った作品でしたが、実に見所の多い映画でした。
「ヤマト」とは別ジャンルなので、比較はしない方がいいと思います(汗)
にゃむばなな
2010年12月13日 01:21
今の日本には猪山直之みたいな人が必要ですよね。
彼みたいに世間体とか気にせず真っすぐに進める姿は本当に格好いいですよ。
2010年12月13日 16:40
こんにちは。
私も「借金」について子供に考えさせるところが印象深いです。
年末としては内容が地味だけど、良い映画ですよねw
2010年12月13日 21:54
>にゃむばななさん
こんばんは。
本当に今の世の中に猪山直之のような人物が求められると思います。
自分は彼のようにはなれません(汗)
2010年12月13日 21:56
>たいむさん
こんばんは。
借金の仕組みを子供に教えるところはツボでした。
やはり借金はするものではありません。

この記事へのトラックバック

  • 武士の家計簿

    Excerpt: 原作は、茨城大学人文学部准教授磯田道史のノンフィクション「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」。ノンフィクションの映画化にしては、意外に、物語に富んています。 物語は、堺雅人が演じる猪山直之の.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2010-12-12 20:56
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 借金をなくさなければ、日本は滅びる 公式サイト。磯田道史原作、森田芳光監督、堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊、伊藤祐輝、藤井美菜、大八木凱斗、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-12-12 21:14
  • 武士の家計簿

    Excerpt:  『刀でなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。』  コチラの「武士の家計簿」は、古書店で偶然発見された幕末の武士の家計簿(入払帳)をモトにした磯田道史の『武士の家計 ... Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-12-12 21:20
  • 『武士の家計簿』

    Excerpt: 「数字が合わぬのが、我慢なりません」を「映画がヌルくなっていくのが、我慢なりません」に変えて森田芳光監督に叩き付けたくなる映画でした。 前半のゆったりとした家族愛のあ ... Weblog: こねたみっくす racked: 2010-12-12 21:49
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。代々加賀藩の算用役を務めた猪山家の“そろばん侍”が藩の不正を調べたり、破産寸前の家系を立て直したりとそろばんを武器に奮闘.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-12 22:07
  • 映画『武士の家計簿』

    Excerpt: 初体験しましたーーーー!! 初めて、舞台挨拶付きで映画観てきましたーーーきゃー\(^_^)/♪♪ ご当地映画ということで、全国に先駆けて石川先行上映でして、 初日の今日は、 森田芳光監督・堺雅人.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2010-12-12 22:39
  • 『武士の家計簿』

    Excerpt: ----今日のお話は… あれあれ、また時代劇…。 「うん。でもこれは いつもとは違ってチャンバラものじゃないんだ。 あの森田芳光監督が 実在の人物をモチーフに描く、 ... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-12-12 22:39
  • 映画「武士の家計簿」

    Excerpt: 2010/12/9 109シネマズ木場。 前々から気になっていた映画。 観客の大半はかなりの高齢だった。 別の言い方をすると若い人はほとんどいなかった。 平均年齢は「剣岳 点の記」よりも高かった.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2010-12-12 22:59
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 天保の飢饉、江戸幕府の崩壊、明治政府の確立という激動の時代を生き抜いたそろばん侍家族の歴史を丁寧に描いている。信じた道を進む姿に感動した。堺雅人や仲間由紀恵などそのほかの登場人物もユーモラスな演出で、.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2010-12-12 23:04
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。 江戸時代後期、加賀百万石、前田藩も財政状況は厳しく、加えて武家社会には身分が高くなるにつれ出費も増えるという構造的..... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-12-12 23:07
  • 「武士の家計簿」 できることをちゃんとやる

    Excerpt: 「願いましてーは!」 なんか懐かしい。 母親が珠算教室をやっていたもので、本作の Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-12-12 23:07
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 撫子。白砂糖。「鯛じゃ、鯛じゃ」。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-12-12 23:25
  • 映画レビュー「武士の家計簿」

    Excerpt: 映画『武士の家計簿』で巡る百万石の金沢◆プチレビュー◆下級武士がそろばんで守ったのは家族の絆。古文書のデータから物語を創造するセンスが見事だ。 【75点】 猪山家八代目 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-12-12 23:58
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 古書店で偶然発見された幕末のとある下級武士一家の詳細な“家計簿”を 丹念に読み解き、彼らの暮らしぶりを鮮やかに甦らせた磯田道史の同名 ベストセラーを、『阿修羅のごとく』『わたし出すわ』の森田芳光監督が.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-12-13 00:08
  • 『武士の家計簿』(2010)/日本

    Excerpt: 監督:森田芳光原作:磯田道史出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>古本屋で偶然... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-12-13 02:36
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 原作は、国史研究史上、はじめて発見された武士の家計簿「金沢藩士猪山家古文書」から幕末の武士の生活を生き生きと読み解いた磯田道史著『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮新書刊)。監督は常に.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2010-12-13 09:18
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 原作となったのは「金沢藩士猪山家文書」を読み解いた日本近世史を研究している磯田道史茨城大准教授の、「武士の家計簿、加賀藩御算用者の幕末維新」(新潮新書刊)。実在した猪 ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-12-13 14:32
  • 『武士の家計簿』 ('10初鑑賞156・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:25の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2010-12-13 20:46
  • 『武士の家計簿』 世代会計の映画化という偉業

    Excerpt: マスメディアが黙殺する問題、それを取り上げたのが『東のエデン』の画期的な点の一つだろう。  その問題――世代間格差の問題をマスメディアが取り上げることは滅多にないが、『東のエデン』はそれを堂々と..... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-12-14 00:42
  • 映画「武士の家計簿」

    Excerpt: 歴史は「発見」の宝庫である。現代そのものが日々工夫とドラマのような人生の連続なのだから、過去の中には無数の工夫と教訓、そしてドラマがあるに違いない。そして、それは一家の... Weblog: 再出発日記 racked: 2010-12-14 10:39
  • 『武士の家計簿』(2010)/日本

    Excerpt: 監督:森田芳光原作:磯田道史出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>古本屋で偶然... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-12-14 23:26
  • 『武士の家計簿』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「武士の家計簿」 □監督 森田芳光□脚本 柏田道夫□原作 磯田道史□キャスト 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、中村雅俊、草笛光子、西村雅彦、       伊藤祐.. Weblog: 京の昼寝―♪ racked: 2010-12-15 12:09
  • 「武士の家計簿」感想

    Excerpt: 幕末期、刀の変わりに算盤を武器に、一家を守るべく奮闘した御算用者の姿を「家族ゲーム」「失楽園」の森田芳光監督で映画化。  ちょうど本作の時代前後に西洋数学が導入される... Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~ racked: 2010-12-15 19:41
  • 「武士の家計簿 」加賀藩のお武家さまの借金返済計画

    Excerpt: 「武士の家計簿 」★★★☆ 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊 出演 森田芳光 監督、129分、2010年12月4日公開、 2010,日本,アスミックエース、松竹 (原作:原題.. Weblog: soramove racked: 2010-12-16 22:04
  • 武士の家計簿

    Excerpt: ストーリー:会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の 財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。 江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、 加えて武家社会には身分が高..... Weblog: 単館系 racked: 2010-12-19 21:59
  • 『武士の家計簿』

    Excerpt: 幕末、加賀藩の御算用係を担っていた 猪山一家の三代に亘る顛末記。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:磯田道史 『武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新』 Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2010-12-21 00:28
  • 武士の家計簿

    Excerpt: 『わたし出すわ』の森田芳光監督の作品であり、また原作本を出版直後に読んだことがあり、その内容はす... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2010-12-24 18:40