2022年プロ野球ドラフト会議

今日はプロ野球ドラフト会議。
前日までに9球団が1位指名選手を公表するという中で行われたドラフトですが、やはり行く先は気になります。

各球団の1位指名選手は以下の通り
日本 ハム:矢澤 宏太(日体大)
中   日:仲地 礼亜(沖縄大)
ロ  ッ テ:菊地 吏玖(専大)
広   島:斉藤 優汰(苫小牧中央)
楽   天:荘司 康誠(立大)
巨   人:浅野 翔吾(高松商)
西   武:蛭間 拓也(早大)
阪   神:森下 翔太(中大)
ソフトバンク:イヒネ イツア(誉)
DeNA :松尾 汐恩(大阪桐蔭)
オリックス:曽谷 龍平(白鷗大)
ヤ ク ル ト:吉村 貢司郎(東芝)

競合になったのは荘司投手、浅野選手の2人。
荘司投手はロッテ、楽天の2球団。
浅野選手は巨人、阪神の2球団。
この時点で、それ以外の8選手が単独指名となり、それぞれの交渉権を獲得しました。

まず最初に行われた抽選で荘司投手の交渉権は楽天が獲得。
その次に行われた浅野選手の交渉権は巨人が獲得。
ともに事前に1位指名を公表していた球団が、当日まで公表しなかった球団にくじ引きで勝つ流れになりました。

浅野選手の交渉権を獲得した巨人。
これまでは抽選は11連敗中で、抽選に参加した原監督も過去の抽選は1勝11敗。
阪神は最近だけでも抽選で佐藤選手や藤浪投手を引き当てているだけに阪神に分があると思いましたが、最初にクジを引いた巨人が当たりくじを引き当てる形となりました。

超目玉と言える選手がいなかったせいか、各球団とも補強ポイントを見定めた堅実なドラフトをしたという印象。
一方で、上位指名候補と言われながら指名漏れの選手が多かったのも、今年のドラフトの特徴なのかもしれません。

今年も多くの選手が指名されましたが、1軍で活躍できる選手はほんの一握り。
プロに入るからには指名順位は関係ありません。
今日、指名された選手の中から、1人でも多くのスター選手が誕生してくれる事を期待しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック