1番・山田哲人の3ランでスワローズがシリーズ2勝目

2022年日本シリーズ。
オリックスバファローズvs東京ヤクルトスワローズの第3戦は舞台を京セラドームに移してプレーボール。

神宮での2連戦はスワローズの1勝1分け。
バファローズは2戦目で3点リードしながら、9回に追いつかれてのドロー。
ここまでスワローズの流れで来ている日本シリーズを、バファローズが本拠地に帰ってどう戦うか。
先発はバファローズ・宮城、スワローズ・高橋の両左腕。

試合は両先発投手の投げ合い。
序盤は両チーム無得点の末に、バファローズが4回裏に一死二、三塁と先制のチャンス。
しかし、後続が連続三振に倒れて無得点。

ピンチを脱したスワローズは、5回表に二死一、二塁のチャンス。
ここで、この試合から1番に起用された山田選手がレフトスタンドに飛び込む3ランホームランで先制。

これで試合の主導権を握ったスワローズは7回に押し出しで1点。
9回にも2本のタイムリーで3点を追加して7得点。

スワローズの先発・高橋投手は6回を投げて無失点の好投。
7回以降から継投に出て、9回に1点を失ったものの危なげない試合運びで試合終了。

スワローズが7-1でバファローズに勝利。
これで対戦成績はスワローズの2勝1分けとなりました。

今日の試合も自宅でTV観戦。
スワローズが投打にバファローズを圧倒。
この3連戦からDHが使えますが、そのDHに守備に不安があるサンタナ選手を置ける事で、逆にスワローズが打線に厚みを増します。

スワローズは2試合ノーヒットの山田選手を3番から1番に、当たっている塩見選手を3番から1番に起用。
山田選手は2打席目にシリーズ初安打となる内野安打。
そして、5回表に回ってきた第3打席で先制3ラン。
高津監督の起用が的中しました。

一方でバファローズは、打線が沈黙し得点は1点のみ。
打順を変えてきましたが実りませんでした。

明日も京セラドームで第4戦が行われます。
予告先発はバファローズ・山岡、スワローズ・石川の両投手。
バファローズとしては、早く1勝したいところなので、山岡投手の出来にかかってくるでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック