村上投手がMVP・新人王のW受賞

2023年プロ野球のMVPと新人王が発表されました。
MVPはパ・山本由伸選手、セ・村上頌樹選手。
村上選手はセリーグの新人王も受賞。
パ・リーグの新人王は山下舜平太選手が受賞しました。

村上選手は大卒3年目の25歳。
過去2年は1軍登板すらありませんでしたが、今季は先発ローテーションに定着。
22試合に登板し10勝6敗1ホールド、防御率1.75で最優秀防御率のタイトルを獲得。
日本シリーズでも初戦で勝利投手になるなど、チームの38年ぶり日本一に貢献しました。

新人王とMVPのW受賞は1980年の木田勇投手、1990年の野茂英雄に並ぶ史上3人目。
セ・リーグでは史上初のW受賞となりました。

山本選手は、今季もバファローズとエースとしてリーグ3連覇に貢献。
23試合に登板し16勝6敗、防御率1.21、奪三振169と驚異的な記録。
最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振など先発部門のタイトルを総なめ。
9月のマリーンズ戦では昨年に続くノーヒットノーランを達成。
イチロー選手以来となる3年連続MVP受賞となりました。

山下選手は高卒3年目の20歳。
昨年までは1軍登板がありませんでしたが、今季は開幕投手に抜擢。
シーズン終盤に故障で離脱しましたが、9勝3敗、防御率1.61の好成績を収めました。

MVPは山本選手は順当ですが、村上選手は予想外でした。
てっきり近本選手あたりかなと思っていたので。
セ・リーグのMVPは昨年、一昨年と村上宗隆選手が受賞していたので、これでセ・リーグは3年連続で村上姓がMVPを受賞した事になりますね。

MVP、新人王を受賞した村上選手、山本選手、山下選手。
改めましておめでとうございます。

この記事へのコメント