秋のグルメ日記(2023年秋)

今日は11月29日で、いい肉の日。
今回は、今年の秋に味わったグルメネタを掲載したいと思います。

ライスカレーまんてん・カツカレー
manten700.JPG
JR水道橋駅と東京メトロ神保町駅の間に位置するカレー専門店。
白山通り沿いにあり、ちょっと分かりにくいところにあります。

昼食に食べに行ったのですが、店の外に並んでいる人多数。
まだ暑い時期でしたので、日陰でも汗をかくぐらい。
しかしながら、客をさばく回転が速く、そんなに待つ事なく席に座れる事が出来ます。

自分が注文したのはカツカレー(700円)。
自分以外にもカツカレーを注文している人が多く、この店の看板メニューとも言えます。

注文をしてから出来上がるまでがあっと言う間。
まるで牛丼屋みたいなスピードで出してくれました。

大きめのお皿にたっぷりのカレーライス、そしてカツが豪快に乗せられます。
このボリュームで、この値段。
近くに大学も多いので学生向きかと思いますが、社会人で通う人も多いみたいです。

レストラン おづ・特製ハンバーグ
odu750.JPG
JR大森駅南口から徒歩5分くらいしたところにある洋食店。
メディアなどにも紹介されていて、結構有名なお店です。

店内は家族経営との事で、家族ならではのやり取りが繰り広げられていました。
メニューが出来上がるまでの間は、この家族を見ているだけでも時間が潰せると思います。

私は昼に訪れたのですが、この時に注文したのが特製ハンバーグ(750円)。
ご飯の量を茶碗かどんぶりで聞かれますが、とりあえず丼で。

ハンバーグは大きめで柔らかい食感。
目玉焼きと焼きそばも同じ皿に盛りつけられています。
味噌汁とお新香がセットでついてきて、ボリューム感もあって食べごたえありです。

味の民芸・もつ鍋うどん
mingeimotsunabe.JPG
うどんを中心にした和食レストランのチェーン店。
現在は、サガミチェーングループによって経営されています。

自分が訪れたのは埼玉県の北浦和店で夜に来店しました。
晩御飯として注文したのがもつ鍋うどん(1,530円)。
そこから割引券を利用して定価より安く食べました。

もつ鍋には白、赤、黒と3種類の味を選べるのですが、その中から黒を注文。
黒は黒大豆のピリ辛味噌と胡麻風味。
鍋は席の上で煮て、そこから日が通り始めたらうどんを入れます。
時間が経つうちに、画像の通りスープとうどんが黒くなっていきます。

もつは特にこれといった特徴はありませんが、韮やキャベツなどの野菜が鍋いっぱいに入っていてお腹いっぱいになります。
スープが染みわたったうどんもピリ辛味噌の辛さが加わっていて、食べている最中に思わず咳き込んでしまいました。
他にも、この時期に合わせた期間限定品が出て来るので、それらも機会があったら食べてみたいです。


この記事へのコメント